amazon
まいどでやんす(‘ω’)ノ
きょんです^^

 

タイトル通りですがAmazonが納品不備受領作業手数料の運用を開始します。

開始は2016年8月15日(月)からですね~

 

せどらーにとっては痛手ですが納品不備に対しての手数料なら仕方ないですね^^;

 

Amazonから以下の連絡がありました。

 

出品者様

平素よりフルフィルメント by Amazonをご利用いただき誠にありがとうございます。

2016年8月15日(月)より、Amazon.co.jpでは納品不備受領作業手数料の運用を開始いたします。

Amazon.co.jpへ納品される商品で納品在庫要件を満たしていない商品が含まれている場合、納品不備受領作業として商品ごとに手数料を請求する運びとなりました。

 

商品を適切に梱包することは、出品者様の商品を購入者様に迅速に、安全にお届けするために非常に重要です。

そのためAmazon.co.jpでは、フルフィルメントセンターに在庫を納品する際、納品在庫要件を順守いただくよう出品者様にお願いしています。

この要件を順守していない商品がAmazon.co.jpに納品されると、納品不備を解決するためにフルフィルメントセンターで納品不備の受領作業として、商品の梱包を直します。

梱包の修正作業が発生すると、納品処理、さらに購入者様への商品のお届けに大幅な遅延が発生し、出品者様の商品が速やかに販売、出荷できなくなる可能性が発生いたします。

FBAのラベルの貼付や梱包の要件を順守いただくことで、Amazon.co.jp は出品者様の商品をより迅速かつ確実に出荷できるようになります。

今一度、FBAの納品在庫要件についてご確認いただきますようご協力をお願いいたします。


 

簡単に言うと納品された商品にAmazonの規定に反する納品不備があった際に手数料を取りますよってことですね。

 

そして納品不備受領作業手数料がこちらの金額になります。

 

納品不備手数料

 

詳しくはこちら⇒納品不備作業手数料

 

結構なお値段です^^;
特に初回以降の手数料が割高になるところもやらしいですね笑

 

袋詰め・エアキャップ・テープでの梱包不備はあまりないと思いますが注意すべきはラベル貼付の不備や間違いです。

 

特にFBA納品商品数が多い場合だと余分なバーコードを隠す作業などで手数料を取られがちだと思うので気を付けるべきですね。

 

しかし納品不備はAmazonの責任ではないので手数料を取るのは仕方ないところだと思います。

 

今後は手数料を取られないためにも納品不備のないように注意しましょう^^

それでは(‘ω’)ノ

最後まで見ていただきありがとうございました。


プレゼント付き無料メルマガやってます!

詳細はこちらから⇓
無料メルマガに登録してプレゼントを受け取る!

質問等ありましたら是非お問い合せから連絡お願いします^^
お問い合わせ画像

ブログランキング参加しています。
応援ポチよろしくお願いします☆
あなたのクリックが力になります^^

せどり ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村