fbe1

まいどでやんす^^
きょんです^^

ブログランキング参加しています。
応援よろしくお願いします!(^^)!


せどり ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

 

今回はせどりをするうえでかかせないサイトFBA料金シミュレーターの解説をしていきたいと思います。

 

FBA料金シミュレーターとは?

 

FBA料金シミュレーターはこちら

 

簡単に言えば自己発送時とFBAを使用した時の費用を計算してくれるサイトになります。
自己発送のフルフィルメント料金とAmazonから発送する際のフルフィルメント料金の料金比較が出来ます。

 

Amazon手数料や保管料なども瞬時に確認することが出来るので、使い勝手がよく便利です。

 

それでは実際にやってみましょう。

今回はナノケア EH-NA97を対象にしてFBA料金シュミレーター。

 

まずこちらがFBA料金シミュレーターの画面になります。
料金シュミレーター

 

Amazon.jpで商品を検索という窓枠にASINコード・JANコード・商品名などを打ち込み検索します。
料金シュミレーター3

 

するとこのような画面になります。
4料金シュミレーター

 

こちらの画面で商品の寸法や重量などを知ることが出来ます。
そして計算を押すと自己発送のフルフィルメント料金とAmazonから発送する際のフルフィルメント料金の料金比較が出来ます。

 

料金シュミレーター5

 

今回は自己発送・FBA発送を10000円販売として見ていきましょう。

 

自己発送の場合

 

料金シュミレータキャプチャ

 

自己発送の場合はAmazonからかかる費用は基本的には販売手数料のみです。
その他に梱包費・送料などがかかってきますね。
販売手数料を除いたその他の経費が合計1000円かかった場合、今回のナノケアの粗利は
10000円(販売金額)-1000円(販売手数料)-1000円(その他経費)=8000円(粗利)
となりますね。

 

FBA発送の場合

 

料金シュミレーター6

 

 

FBA発送の場合はAmazon手数料として
・販売手数料
・出荷作業手数料
・発送重量手数料
・月額の保管手数料

がかかります。

 

自己発送と比べて手数料はかかりますが梱包・発送はAmazonに委託できますし、別途送料もかからないので良心的な価格です。

 

FBA料金シミュレーターを使って小型・大型商品を見分ける方法

 

Amazonには小型商品と大型商品があるのですがこれらはFBA発送する際に手数料や納品するFBA倉庫が変わってきますので注意しなければいけません。
FBA料金シミュレーターでは出荷作業手数料の違いで小型と大型商品を見分けることが出来ます。

 

先ほどのナノケアは出荷作業手数料が100円以下なので小型商品になります。
キャプチャ料金シュミレーター小型

 

ですがこちらのフィリップス ノンフライヤー HD9220は出荷作業手数料が500円以上なので大型商品になります。
料金シュミレーター大型

 

大型商品はFBA倉庫に送るまで送料も高くなりますし、月額保管料も小型商品と比べてかなり上がりますので注意しましょう。

それでは今回はFBA料金シミュレーターの解説と大型と小型商品を見分ける方法でした(‘ω’)ノ

 

 

最後まで見ていただきありがとうございました。
質問等ありましたら是非お問い合せから連絡お願いします^^
お問い合わせ画像

ブログランキング参加しています。
応援ポチよろしくお願いします☆
あなたのクリックが力になります^^

せどり ブログランキングへ


ネットビジネス ブログランキングへ


パチスロ ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村