せどり お客さんからの電話対応・クレーム電話対応を避ける手法


まいどでやんす(‘ω’)ノ
きょんです。

↓きょんのプロフィールはこちらから
⇒プロフィールはこちらから

ブログランキング参加しています。
応援よろしくお願いします!(^^)!


せどり ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

皆さんのなかでAmazonを使ってセどりしている方なら一度は経験したことがあるであろう電話対応

結構大変ですよね^^;

 

例えば中古商品の付属品に関しての電話だったり、値引き交渉の電話だったり、はたまたクレームなどの電話だったり・・・

特に始めた内は電話対応なんかしたことがないですから結構焦ってしまいます。

 

私なんかは電話自体あまり好きじゃない派の人なのでなおさら電話対応には困ります。

それに電話だとメールなどと違ってその場で即対応しないといけませんし、電話対応は極力したくないという方も多いと思います。

 

なので今回はお客さんからの電話対応を避ける方法を紹介します^^
ちなみに私はこの作業を行ったおかげで今では電話対応はゼロになりました。

 

電話対応を避ける方法

Amazonで商品を販売する場合特定商取引法に基づく表記をしなければなりません。
簡単に言えば事業者の氏名、住所、電話番号などを必ず載せなければいけないということですね。

 

ですので電話番号を載せないということはできません。
ではどう電話対応を避けるのかということですが

 

Amazonの自分のお店のトップページの右側に特定商取引法に基づく表記と出品者情報という欄があります。

 

クレーム電話 記事 画像➁

 

こちらの出品者情報欄に

・電話でのお客様対応は行っていない

・メールでお客様様対応いたします。

この2点を書き込みましょう^^

これで電話対応することがほとんどなくなります。

私はこのように表記しています。

 

クレーム電話 記事 画像1

 

表記の変更の仕方

 

アマゾンセラーセントラルの設定⇒情報・ポリシーをクリックします。

 

次に出品者情報をクリックします。

 

最後にデザインビュー欄に電話での対応をしていないこととメールで対応するという旨を書き込みましょう。

 

これで電話対応することはほとんどなくなります。

しかしこのように表記していても電話をしてくるお客さんはいます。
どうしても電話対応をしたくない場合、出品者情報に無料で入手できる電話番号を載せておくという方法もあります。

 

こちらのip-phone-smartは初期費用・月額料金も無料で電話番号を取得できます。

 

しかし使用していない電話番号を出品者情報に載せておくのはグレーな方法なので個々の判断にお任せします。
電話対応を極力したくなくても最低限の電話対応はお客さんのためにもするべきでしょうね(;・∀・)

 

最後まで見ていただきありがとうございました。
質問等ありましたら是非お問い合せから連絡お願いします^^
お問い合わせ画像

ブログランキング参加しています。
応援ポチよろしくお願いします☆
あなたのクリックが力になります^^

せどり ブログランキングへ


ネットビジネス ブログランキングへ


パチスロ ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

2 Responses to “せどり お客さんからの電話対応・クレーム電話対応を避ける手法”

  1. せきちゃん より:

    こんにちは^^


    このせどりについては
    知らないので


    非常に勉強になります^^
    ありがとうございます!
    投票完了です♪

    • きょん より:

      こんにちは^^
      コメントありがとうございます。

      電話対応ってなかなか大変ですからね^^;
      対策するのも一つの手だと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ